独り、殻に閉じこもり、僅かな支援者に支えられながら、自分の見つけた小さな光だけを見つめ、独りよがりに、道筋のない処をうろうろしていると云った感じで画を描いて参りました。
師もなく、美術大学にも進みませんでしたので、技法などを含め、全てが自己流。その危うく覚束ない状態の中、当然ながら、自分の限界は、常に、見えたり隠れたり・・・。
その限界が見えては深く思い悩み、その限界がふと見えなくなったりしますと、都合の良い思い違いをし、驕り高ぶってしまったり・・・。
そういった絶望と傲慢・・・、浮き沈みの中に、創作の業があるのでしょうか。


そんな、拠り所の無い身の自分が、絵を描いてゆくにあたり、先ず、指針としたものは、古くから、多くの人々に敬われ愛され続けてきた、仏教美術の美しさでした。



工学院大学在学時に仏教美術に興味を引かれ、卒業後、二年ほどを費やし、画帳を手に、アジア諸国の仏跡を遍歴いたしました。


その後、独学で日本画を学び、胡粉を主とする独自の技法を用いて、宗教画が持つ清浄な世界観の表現をひとつの指針として、天・自然・人との共生、その一体感に拠る法悦感や慈しみの情などを織り込めようと、ただただ、絵筆を重ねております。




技法について。


生来、目立つのが嫌いな性格で、絵においても、地味で幽かな風合いを求めました。


光沢や凹凸の無い柔らかな絵肌、色彩が画面の裏側の奥の方からうっすらと透き通って見えているような、柔和な色合い。そんな柔らかな絵肌を求めた結果、現在は、胡粉を主とする技法に、とりあえず、落ち着いています。


日本で、古くから使われてきた、牡蠣の殻を粉砕して作られた白色絵具の胡粉。
薄く溶いた胡粉を何重にも重ね塗りをして、白く清く画面を調えてゆくのは、古来からの日本画や人形面などを彩色する主要技法ですが、その中でも、面を胡粉で白く調えた後、薄い顔料を丹念に幾重にもたんぽで叩きながら彩色をしてゆく能面の彩色方法に、とても日本的な深い妙を感じました。


その手法を参考とし、わたくしも、胡粉を顔料で染めてゆく…と云った感じの独自な描法を用い、白く調えられた平面を絵筆で幾重にも叩きながら彩色しています。




以下に、少しだけ、美術誌などに掲載させて頂いたコトバを記しておきます。


『まだ若い私は、夢うつつの中で絵を描いている状態で、達者な表現方法も知らずにうろうろするばかりです。
特に美術を学んできていない私にとって、受賞がひとつの激励となったことは確かなのですが、受賞したことと、今後、魅力的な絵を描いてゆけるのかは、全く別次元のおはなし。
たった一度の小さな表舞台だけで、ひらりと散ってゆくのも良いかな、などとも考えています。(20代後半)』 


『「祈る」と云う行為に劣等感を持っている。
種々の信奉者のように、絶対帰依の心を持つことができないのです。
そのような自分には、虚栄心に依って、又、劣等感の裏返しとして、帰依の心に対する想いを描くほかありません。
しかし、それを幾十年も重ねてゆけば、「祈る」と云う行為に近付いていけるのかも知れません。』


『様々な色や形の花や葉が、大地を彩るように。白い月の光が、空を虹色に彩るように。個性も現代も主義主張もなく、ただ、無為に、白く透明に、小さな画面を幽かに彩ってみたい。』